世界の光技術を通じて、お客様やパートナーと共存共栄を実現し、化学技術と産業の発展に貢献します。 社長からのメッセージはこちら

メディア掲載実績

2016年11月15日

【ぶれい考】(第11回投稿) 理念をベースとした採用

( 労働新聞 第3088号(平成28年11月14日) 『ぶれい考』(第11回投稿)掲載記事 : 株式会社労働新聞社 発行)
当社は、新卒一括採用をしていない。通年採用で、常に応募者に門戸を開き、応募があれば検討のうえ面接している。内定を得られなかった学生が卒業後応募してきて5月に入社したり、海外の大学を卒業した学生が6~7月に当社の社員になったりするケースも多い。 続きを読む

(140KB)
2016年11月14日

自分が得意とすることを惜しみなく伝える

(「利益を追わなくなると、なぜ会社は儲かるのか」坂本光司著、株式会社ビジネス社発行;『第3章 良い会社の社長・社員が実践していること 成功法則27』120~123ページ掲載記事)
こうした経営手法について多方面からインタビューを受けたり、あるいは各種公的機関の委員や役只を務めたりしているので、全国各地から講演依頼が殺到しているそうです。「これも親会社から独立できたからこそで、日本電子の子会社のままだったらお呼ぴはかからなかったでしょうね」と、近藤さんは語っています。 続きを読む

(589KB)
2016年11月11日

日経ビジネスオンラインで 「進化した日本的経営」 が紹介されました

慶応義塾大学大学院経営管理研究科での授業内容、米国式経営と日本式経営を融合した「進化した日本的経営」の実現に向けて歩んできた道のりが、日経ビジネスオンラインで4回に分けて掲載されています。 続きを読む

2016年10月17日

【ぶれい考】(第10回投稿) 多様な社員の意欲向上策

( 労働新聞 第3084号(平成28年10月17日) 『ぶれい考』(第10回投稿)掲載記事 : 株式会社労働新聞社 発行)
こうした多様な社員のモチベーションを上げる仕組みと人事制度を追求し続け、今では女性社員比率はパート社員を含めて30%、管理職に占める女性の割合もすでに30%になった。60歳以上の高齢者も全体の20%を超えたほか、一時は中国籍の社員が20%も在籍し、身障者の正社員も加えて、まさにダイバーシティ経営を体現してきた。 続きを読む

(145KB)
2016年10月2日

【ぶれい考】(第9回投稿) 社員評価でクレドを浸透

( 労働新聞 第3080号(平成28年9月12日) 『ぶれい考』(第9回投稿)掲載記事 : 株式会社労働新聞社 発行)
この小冊子を常時携帯し、読むことを習慣付けている。そして、たとえば朝礼やすべての会議の始めと終わりに、全員で一節を唱和している。会議の度に行うので、日に何回も唱和することもある。それも、英文で唱和する。 続きを読む

(140KB)