日本レーザー 夢と志の経営 > メディア掲載実績
メディア実績

PDFをご覧になるには、PDFアイコンボタンをクリックしてください。

メディア掲載実績

2017年10月10日

23年連続黒字!超優良企業の「ありえないほど人を大切にする経営」

「THE21」2017年11月 No.396 号: (株)PHP研究所 発行:特別企画 就職希望者が殺到する!「知られざる優良企業」の秘密とは? 23年連続黒字!超優良企業の「ありえないほど人を大切にする経営」 (株)日本レーザー代表取締役社長 近藤宣之 東京・西早稲田に、信じられないような逆転劇を成し遂げた超優良企業がある―。そんな話をきいたとしたら、それは「日本レーザー」に違いない。倒産寸前だった日本レーザーを現在の姿に生まれ変わらせたのが、社長の近藤宣之氏。近藤氏は社長として、他の何よりも「社長の成長」と「雇用を守ること」を重視してきたと言う。詳しくうかがった。 続きを読む

(1332KB)
2017年10月7日

これから50年後も残したい ニッポンの「ホワイト企業」を見つけた!

「週刊プレイボーイ」 2017年10月23日 No.43 号: 集英社 発行:創刊51周年記念企画「働き方改革」のヒントはここにもあった‼これから50年後も残したい ニッポンの「ホワイト企業」を見つけた‼ 「伝説のホワイト企業」の社長たちが語る 社員が超幸せになる仕組み 01【日本レーザー】電子機器輸入・販売業 激しい社内競争で同期入社でも給与格差は2倍!なのに「ホワイト企業大賞」を受賞した理由は?<伝説ポイント1>「成果主義」とリストラゼロの「終身雇用」を両立!<伝説ポイント2>「2:6:2の法則」で”下位の2”を大事にする! 続きを読む

2017年9月26日

中小企業こそ独自のスタイルを!「わが社流」の採用で勝負 雇用守り社員を伸ばす

「月刊SQUET」2017年10月号: 三菱UFJリサーチ&コンサルティング社 発行 特集 中小企業こそ独自のスタイルを!「わが社流」の採用で勝負 事例1 日本レーザー「雇用守り社員を伸ばす」
性別、年齢、学歴、国籍は問わず共感できる人材のみを採用 ― 日本レーザーは、1968年設立のレーザー専門商社。バブル崩壊後は一時、経営危機に陥ったが、94年に親会社の日本電子から派遣された近藤宣之社長が立て直しに成功。以来、23年連続で黒字経営を維持、2007年にはMEBOにより親会社から独立を果たした会社である。同社は多様な人材が活躍する「ダイバーシティ経営」を実践する企業として広く知られている。 続きを読む

(1098KB)
2017年9月25日

日本レーザー社長講演。新宿講演会 戸塚ブロック

「週刊新宿新聞」2017年9月25日 第2025号: 株式会社新宿区新聞社 発行 日本レーザー社長講演 新宿法人会・戸塚ブロック
公益社団法人新宿法人会戸塚ブロックの研修会が13日高田馬場FIビルで開催、約60名が参加した。まず最新の税務トピックスを新宿税務署法人課が説明。続いて「ありえないレベルで人を大切にしたら23年連続黒字になった仕組み」と題し、近藤宣之・(株)日本レーザー代表取締役社長による特別講演会が行われた。 続きを読む

(491KB)

人材難社会 明日への処方箋 先例事例に学ぶ

徳島新聞 平成29年9月25日(上)、平成29年9月27日(下) 『人材難社会 明日への処方箋』⑨ : 徳島新聞社 発行 【先例事例に学ぶ(上)】社長の姿 社員動かす
【先例事例に学ぶ(下)】柔軟な勤務形態整備
「通された応接室の壁には、「独立自尊」と揮毫された額が掲げられてあった。「日本電子から独立したんでね。頼るものが何もない経営を選択したということで、まさにこの言葉がぴったりだな、と」 東京・新宿にあるレーザー機器の輸入販売商社・日本レーザー。近年、人を大切にする経営で注目を集める同社を1994年から率いてきた近藤宣之社長(73)は、2007年に親会社の日本電子から独立したことに触れて額を指さした。 続きを読む

(1515KB)
2017年8月4日

【点描ニッポン】離職ほぼゼロ 赤字なし・雇用を守り社員を伸ばす

(中國新聞 平成29年6月5日(上)、平成29年6月19日(下) 『点描ニッポン』 :株式会社中国新聞社 発行)
【点描ニッポン(上)】人を大切にする経営―離職ほぼゼロ 赤字なし【点描ニッポン(下)】会社の存在目的―雇用を守り社員を伸ばす
「ありえないレベルで人を大切にしたら23年連続黒字になった仕組み」という長い題名のビジネス書が評判だ。著者は社員約50人の業務用レーザー機器専門商社「日本レーザー」の近藤宣之社長。前著「ビジネスマンの君に伝えたい40のこと」に続くベストセラーで講演に引っ張りだこだ。近藤氏に人を大切にする経営の心を聞いた。 続きを読む

(1107KB)
2017年7月31日

ビジネスリーダー・1万人が選ぶ「TOPPOINT大賞」およびベスト10冊

( 月刊「TOPPOINT(トップポイント)」2017年8月号『ベストビジネス書 TOPPOINT大賞 2017上半期』掲載記事 : 株式会社パーソナルブレーン 発行)
2017年上期に「TOPPOINT(トップポイント)」で紹介された60冊の中で、読者投票によるベスト10冊の中の9位に選ばれました。10冊のうち6冊までが外国人のビジネスマン(カルロス・ゴーン、P.F.ドラッカー、アンドリュー・S・グローブ等)による本でした。 続きを読む

(1123KB)

ありえないレベルで人を大切にしたら 23年連続黒字になった仕組み

( 月刊「TOPPOINT(トップポイント)」2017年5月号『This Month’s Best Reads』掲載記事 : 株式会社パーソナルブレーン 発行)
毎月10冊の良書を要約紹介する日本版リーダーズダイジェスト、月刊「TOPPOINT(トップポイント)」2017年5月号に「ありえないレベルで人を大切にしたら23年連続黒字になった仕組み」(代表取締役社長 近藤宣之 近著)の要約が掲載されました。 続きを読む

(1715KB)

人を大切にするダイバーシティ経営 -進化した日本的経営とは

( 「月刊福祉」2017年6月号【特集 働き方を考える -多様な人材を生かす職場づくり】インタビュー 人を大切にするダイバーシティ経営 -進化した日本的経営とは- 掲載記事 : 社会福祉法人 全国社会福祉協議会 発行)
近藤 そうなんです。今、派遣社員や嘱託社員も含めて全員が株主になっています。だから当事者意識はありますが、それでも会社の雰囲気が悪ければ辞めてしまうでしょう。次のステージを考えると、「会社から大切にされている実感」が必要だと思っています。 続きを読む

(1975KB)
2017年7月1日

「ありえない~」数々の実例の積み重ねが23年連続黒字を実現

( 『経済界』 2017年8月号 特集 会社が変わる時 著者インタビュー 掲載記事 :株式会社経済界 発行)
紆余曲折を経て私が辿り着いた結論は、「人を大切にする経営」の実践こそ、会社を再建・成長させるたった一つの方法だということです。 続きを読む

(547KB)
Page 1 of 23123451020...Last »