日本レーザー 夢と志の経営 > メディア掲載実績
メディア実績

PDFをご覧になるには、PDFアイコンボタンをクリックしてください。

メディア掲載実績

2016年5月2日

多様性を受け止められるキャパシティー(室蘭工業大学での講演)

(「教職員のためのトップセミナー」 2015年11月13日 での講演内容:「室蘭工業大学」男女共同参画推進室 発行)
そういう人たちが来れば、ダイバーシティ人材による新しい組織風土が出来るのです。すなわち、会社だと社長と社員の上下関係で、取引先でも大企業と下請でやるのは上下関係、しかし上下関係ということ自体おかしいのではないかということです。例えば社長と社員との関係で見れば、組織だからお互いに信頼関係が必要です。 続きを読む

(1053KB)
2016年4月6日

【ぶれい考】(第4回投稿)不条理な世界へようこそ

( 労働新聞 第3060号(平成28年4月11日) 『ぶれい考』(第4回投稿)掲載記事 : 株式会社労働新聞社 発行)
企業社会に入ることは、面白くない仕事、安い給料、暗い職場、威張る先輩、顧客の罵声―日常的に不条理な場面に出くわすことを意味する。我慢できず2〜3年で辞めてしまっては何のキャリアにもならない。そもそも企業社会は不条理な場である。 続きを読む

(142KB)
2016年3月21日

【ぶれい考】(第3回投稿)ベースは透明性と納得性

( 労働新聞 第3056号(平成28年3月14日) 『ぶれい考』(第3回投稿)掲載記事 : 株式会社労働新聞社 発行)
人事制度も時代とともに変わっていくべきものだ。ただし、「誰にも透明性のある制度」と「結果としての納得性」があることが基本となるべきだ。 続きを読む

(144KB)
2016年3月16日

ワークライフバランスフェスタ東京2016(2016年2月9日開催)でパネルディスカッションに参加

(『ワークライフバランスフェスタ東京2016(主催:東京都、共催:子育て応援とうきょう会議)』開催告知広告より)
社員の方に伝えたいことは、自分の与えられた職務に対して「Be A Professional!(プロであれ)」ということです。「Be A Professional!」を実行することで周囲からも認められます。 続きを読む

2016年3月4日

【月刊オプトロニクス】(投稿記事) (株)インデコ・丸山前社長を偲んで

(月刊オプトロニクス 2016年3月号 掲載記事 : 株式会社オプトロニクス社 発刊)
他の業界に見られないこうした業界の雰囲気は、業界のパイオニアである、丸山さんの「インデペンデント(独立)とコラボレーション(協力)」という理想の理念からきているのではないかと感じています。 続きを読む

(184KB)
2016年2月3日

【ぶれい考】(第2回投稿) 等しく機会与え成長促す

( 労働新聞 第3052号(平成28年2月8日) 『ぶれい考』(第2回投稿)掲載記事 : 株式会社労働新聞社 発行)
社員の成長に最も効果的なのは、海外出張だと実感している。毎年、2割以上の営業員と技術員を、海外の展示会や研修に出張させている。海外パートナーへの訪問を含めれば、年間の延べ海外出張人数は、全社員数に相当する。 続きを読む

(142KB)

【ぶれい考】(第1回投稿) 社員大切にする経営実践

( 労働新聞 第3048号(平成28年1月11日) 『ぶれい考』(第1回投稿)掲載記事 : 株式会社労働新聞社 発行)
世の中に「社長が社員を大切にしない経営」と公言する社長がいるだろうか?
千人、万人の社長全員が、「自分は社員を大切にしている」と公言し、間違っても「自分は社員を大切にしない経営をしている」とはいわない。 続きを読む

(131KB)
2016年1月13日

インプルーブメント・レクチャーでの講演

(「おかしん経営塾塾生会」 2015年12月1日 インプルーブメント・レクチャーでの講演- 広報誌【繁】 掲載:岡崎信用金庫 発行)
近藤社長が実践しているダイバーシティ経営とは、国籍・性別・学歴など異質・多様な人材を大切にする経営です。採用は、新卒一括採用をせず通年採用のため、転職者が殆どでありながら、同社からの転職はゼロであり、また、女性活用が叫ばれる以前より女性の能力に注目され、経営幹部の半数が女性、妊娠・出産での退職者はゼロだそうです。 続きを読む

(94KB)

自己成長促す仕組みを構築 日本レーザー「多様な人材育成策」

( 労働新聞 第3046号(平成27年12月28日) 第15面 追跡レポ『自己成長促す仕組みを構築』 掲載記事 : 株式会社労働新聞社 発行)
レーザー専門商社のパイオニアである(株)日本レーザー(JLC)は、日本電子の子会社として発足して以降、レーザーの関発部門から親会社が完企撤退した後も独自に事業を展開。バブル崩壊後に経営危機に陥り、1994年、再建のため親会社から派遣された近藤宣之・現社長が立て直しに成功した後、2007年にMEBOにより独立を果たす。 続きを読む

2015年12月18日

トップが綴る 人生感動の瞬間 『「株主は仲間」の会社が誕生した瞬間』

( トップが綴るシリーズ 『わが人生の師』 『わが「志」を語る』 『人生感動の瞬間』 掲載記事 : 株式会社PHP研究所 発行)
●聡明であって善良であれ
●人の幸福を実現する「生涯雇用」経営
●「株主は仲間」の会社が誕生した瞬間 続きを読む

(1271KB)
Page 10 of 28« First...8910111220...Last »