日本レーザー 夢と志の経営 > メディア掲載実績
メディア実績

PDFをご覧になるには、PDFアイコンボタンをクリックしてください。

メディア掲載実績

2014年11月24日

取り組み事例から学ぶ 企業の社会的責任と人権セミナー

( 「アイユ」 2014年11月号 掲載記事 : 人権教育啓発推進センター 発行)
同社では、育児中の女性や外国人、定年後の高齢者などの社員が、性別や国籍、年齢にかかわらず、各自の能力が発揮できるよう、「透明性と納得性」のある人事制度を整えたり、ライフスタイルに応じた雇用契約や研修の機会を確保している。 続きを読む

(1159KB)
2014年11月7日

【平成26年度 経営トップ層のための女性活躍推進シンポジウム】(東京ウィメンズプラザ主催)で講演

( 開催日時:平成26年7月1日(火曜日)午後7時~午後8時40分、開催場所:東京ウィメンズプラザ ホール 、東京ウィメンズプラザ主催)
本日は、女性が活躍できるように経営理念や経営方針を確立していかなければならないのではないか、ということについてお話しします。経営者は社員に対し、仕事を通じて成長して欲しいというメッセージをはっきり伝える必要があり、それと同時に経営者にも覚悟が必要になります。人を雇用し、社員が成長できる環境を整えることで会社は存続し、社会の役に立つことができます。 続きを読む

(166KB)
2014年10月1日

毎週全社員が書く「今週の気づき」メールなど、社員の成長を促す多彩な仕掛け

( 「労政時報」 第3874号 2014年9月26日発刊 掲載記事 : 一般財団法人 労務行政研究所 発行)
 「大事なのは、何のために事業をするか、会社は何のためにあるかという基本となる考え方です。そこがぶれていると、教育などできません。経営の重要な要素にヒト、モノ、カネ、情報の四つがありますが、これらは並列ではありません。ヒトを頂点とする三角錐と捉えるべきでしょう。とはいえ、入社したばかりの社員はいわば“材料”で、それを“財産”に変えるのが教育です。人材育成は、企業が行うべき最大の投資です」 続きを読む

(2032KB)
2014年8月23日

 すべての活力の源泉は人にあり 「大切にされている実感」が社風をつくる

( 「道経塾」 2014年9月号 よき社風をきずく 【特集 〈対談〉すべての活力の源泉は人にあり】掲載記事 : 公益財団法人 モラロジー研究所 発行 )
ご主人の転勤で会社に通えなくなれば在宅勤務をもうけ、病気の治療が必要な人は短時間勤務を可能とする。その一方で、人事の評価基準を明確にし、全員が平等なチャンスに恵まれるよう工夫を重ねました。結果がどうなるかは本人次第。その点は実力主義です。 続きを読む

(1223KB)

「社員成長 企業に好循環」 デーリー東北政懇8月例会

( デーリー東北 2014年08月20日 掲載記事: デーリー東北新聞社 発行 )
破綻する企業の共通要因について、「不振の原因を外部環境のせいにする。周りのせいにしては成長がない」と指摘。 続きを読む

(492KB)

デーリー東北政経懇話会 講師は近藤宣之氏

( デーリー東北 2014年08月19日 掲載記事: デーリー東北新聞社 発行 )
「人は成長するために生まれる」という近藤氏の考えと、会社経営の手法をお聞きします。 続きを読む

(460KB)
2014年8月19日

急激な円安の進行の中でも20期連続で黒字経営を達成。 今期はさらに厳しい環境下でもV字回復

(レーザ加工&ガス技術情報「レーザインサイド ( LASER INSIDE )」(2014)『第2章 最新レーザ加工技術および周辺技術への取組み』 掲載記事 : (有)ガスメディア社 発行 )
専門的な知識が要求され、お互いの信頼関係を築きながら顧客の要求する商品を製造メーカーとともに開発していくというのは、非常に時間のかかる仕事であり、困難も多い。それがここに来て大きく業績に貢献する可能性が出てきたという。 続きを読む

(707KB)

ネイティブ呪縛から解放する 脱TOEIC至上主義の企業と大学

(朝日新聞WEEKLY AERA 2014年8月25日発行(8月18日発売) 掲載記事 : 株式会社朝日新聞出版 発行)
「完墜にしゃべろうとか、間違えてパカにされたくないといったプライドが、コミュニケーションを妨げている。日本人は周囲、特に周りの日本人にどう思われるかを気にしすぎです」そう話す近藤氏は、6年前に「社長塾」を始めた。 続きを読む

(776KB)
2014年8月8日

社員の成長が企業の成長 -その理念と仕組み-

( 「調査月報」 2014年8月号【巻頭随想】掲載記事 : 日本政策金融公庫総合研究所 発行)
営業やサービスの担当者にとって、賞与に大きく影響するのは個々の社員やチームとしての業績だ。粗利益の3%を貢献度に応じて配分し、支給している。貢献度は当事者である社員の話し合いで金額を調整する。ここでも納得性が重要だ。 続きを読む

(1192KB)
2014年7月2日

社員を活躍させる制度作り 就業規則は毎年改定 2人担当制で両立実現

( 「労基旬報」 2014年6月15日&25日 掲載記事 : 株式会社労働実務 発行)

そこで日本レーザーが取り入れたのが「ダブルアサインメント」、「マルチタスク」だ。
ダブルアサインメントとは、取引先1社に対し、2人を担当として配置する体制。1人が休暇などで不在でも、もう1人が対応できる。 続きを読む

(1024KB)
Page 10 of 24« First...8910111220...Last »